英会話をどのように上達させるか

アルファベット

日本人は英語を話すのが下手

日本人は世界でも英語が上手く話せない国民として有名です。これは、日本人の努力が足りないということでなく、単純に言語構造がまったく違うので仕方がないことなのです。そのため、イーオンなどのように効率的に教えてくれる環境が必要なのです。

着実に継続していくことが大事

英会話は短期間みっちりやったとしても、急に話せるようになりません。耳慣れるのに時間がかかったり、英語を喋るために必要な口筋肉が急に発達しないからです。焦らずに継続して学ぶことが一番大切なのだと知りましょう。

違いを知ろう!

日本語と英語の間にどのような差があるのか知るということも大事です。大きな違いとして、文の語順の違いがあげられます。その他にもアクセントや母音などにも違いがあります。英会話を勉強する際にはその違いを埋めるように考えていくと効率がいいですよ。

イーオンの独自カリキュラムにも注目!

イーオンは日本語と英語の違いに焦点を当て、最短で解決するための独自カリキュラムを備えていますので評判も良いです。英会話教室を選ぶ際は、そういった点にも着目してみてください。

英会話で日本人が苦労するポイント

発音

日本人が一番苦労するといわれているのが発音です。言語的に英語と日本語は大きく離れているといわれており、会話における口の使い方もまったく異なります。まずはアルファベットを一個一個、どのような口の使い方で発音していけばいいのか練習しましょう。アクセントの付け方も日本語は高低アクセント、英語は強弱アクセントという違いがあります。

リズム

英語のリズムと日本語のリズムは大きく違います。たとえ発音が良かったとしても、ネイティブの人が考えるリズムやタイミングと大きく異なっていた場合、聞き取って貰うことが難しいです。

リスニング

日本語と英語は周波数から違いがあるといわれています。日本語は低い周波数、英語は高い周波数に言語識別する要素があるのです。そのため日本人がいきなり英語を聞くと、高い重要な周波数も雑音として判断してしまいます。結果聞きとりができないのです。そのためリスニングができるようになるまでにかなりの時間が掛かります。

単語の使い分け

日本語でも「悲しい」と「哀しい」の使い方が難しいように、英語でも単語によって、日本語では同じ意味を持つものでも微妙な使い分けがあります。それを理解できればもう上級者かもしれないですね、

広告募集中